ほくろが出来る原因をちゃんと理解しよう|正しく除去する

ナース

除去に関して

カウンセリング

発生する場所や大きさによっては、コンプレックスとなるのがほくろです。昔まではメスを使用した除去方法が一般的でしたが、最近では美容外科クリニックなどでレーザーによるほくろの除去法を行なっています。レーザー治療はメスによる除去治療と比較しても肌への負担が少なくて、痛みが気になるという人でも安心して受けることが出来ますよ。レーザー治療には色々な種類があるので、見てみましょう。まずQスイッチレーザーがあります、スイッチレーザーは黒い色に反応する特徴を持っており、ほくろの色を徐々に薄くしてくれます。最終的はほくろが除去出来ますよ。1度で完全に治すことは困難となっているので、間隔をあけて定期的に治療を受ける必要があります。次にダイオードレーザーです。脱毛などでよく使用されているもので、これも黒い色素に反応していきます。熱によってほくろの細胞を蒸散している仕組みでほくろを除去できるでしょう。皮膚科の他にも美容外科クリニックなどの医療機関で取り入れられています。

気になるほくろを除去した後も気になることはたくさんあるでしょう。例えば、完治までにどのくらいの時間がかかるのか、1回の治療で取り除けるのかという点があります。これらの内容について確認してみましょう。ほくろを除去した後は、3~7日間ほどテープや絆創膏などで治療した箇所を保護していきます。レーザーの種類によっては保護期間が短くなることもありますが、自分で勝手に保護期間を設けずに医師の指示に従うことが大事です。なお、平らなほくろであれば治療当日に専用の薄型テープをクリニックから支給される場合があります。また、レーザーで除去した後は、しばらくの間は火傷をしたように湿った状態になりますが、3日~1週間も経つと湿り気も薄れていくので安心してください。あわせて、患部が赤みを伴ったくぼみになることがあります。赤みが引く期間は個人によって異なりますが、長期間赤みが引かない場合は再度治療を受けることをおすすめします。治療の回数ですが、ほくろの大きさや深さによって違いがあります。1回で除去しようとする身体に痕が残ってしまう場合があるので、皮膚科やクリニックによっては数回に分けて丁寧に施術するところもあります。そのため、治療回数に関しては通うところの状況を確認した方が良いです。