ほくろが出来る原因をちゃんと理解しよう|正しく除去する

ナース

悪性のほくろとは

相談

顔に大きなほくろが出来てしまうと憂うつになりますよね。大きさにもよりますが、目立つほくろが発生したら除去したくなります。シミと異なってメイクでは隠せないし、化粧品で薄くすることも出来ません。また、中にはシミとほくろを同じものと捉えて、美白成分を与える人もいますが、残念ながらほくろに美白成分は効きません。ほくろは正式に言うと「色素性母斑」と呼ばれているもので、メラニン色素を持っている細胞が増殖することで発生しています。そのため、平らなものもあれば盛り上がっているものもあります。それに対してシミは、メラニン色素が沈着している状態となっています。シミもほくろも紫外線をたくさん浴びる顔に発生しやすいのが特徴でしょう。また、シミは化粧品や飲み薬で消せるものもありますが、ほくろは基本的に美白成分のある化粧品を使用しても消えないので、気を付けましょう。ほくろ除去したい場合は、美容外科クリニックなどで、専門的な治療を行なった方が良いでしょう。

シミとほくろについて把握出来たところで、今度はほくろ除去の必要性について見てみましょう。美容外科クリニックなどではほくろ除去することが出来ますが、これを行なうかについては、まずそのほくろが良性か悪性かを見極める必要があります。良性であれば美容目的以外で取り除く必要性はなくて、放置していても問題ありません。極端にダメージや刺激を与え過ぎにようにすれば大丈夫でしょう。一方、もしほくろが悪性だった場合には早急に取り除くことを検討してください。悪性の場合は、病気の原因となることもあるので、注意が必要ですよ。悪性を見極めるポイントとして、変色していたり周囲に小さなぶつぶつがあったりする場合は、悪性と疑った方が良いです。悪性のほくろは前述のように、病気のもとになりますよ。この病気に関しては、がんという可能性もあります。ほくろ自体ががんになることはありませんが、ほくろにがんが発生するケースもあるので、異変に気付いたらすぐにでも美容外科クリニックなどで検査をするのが1番です。医師によって、ほくろの状態を細かく調べてくれるので、検査を通してからほくろ除去を行なうかどうかをちゃんと相談をして進めていきましょう。たかがほくろとは思わずに、行動に移すことが重要ですよ。