ほくろが出来る原因をちゃんと理解しよう|正しく除去する

ほくろ除去を手軽にできる時代

悪性のほくろとは

相談

ほくろはシミとは異なるので、美白成分では除去することは出来ません。また、ほくろの中には悪性タイプがいるので注意が必要ですよ。不自然なほくろを見つけたらすぐに医師に相談するようにしましょう。

Read

発生する原因と除去方法

女性

身体に発生してしまう黒い斑点のことを一般的にほくろと呼んでいます。ほくろは生まれてからあるものや、徐々に発生するものあって多くは無害となっています。しかし、出来てほしくない箇所にほくろが出来てしまったら美容的な意味からほくろを除去したという人もいますし、一部は病気のもとになってしまうので、必ずしもほくろは放置していいわけではありません。そこで、より美しくなるためにほくろを除去したい人に向けて、ほくろに関する情報を調べていきます。

まずはほくろが発生する原因について、ほくろが出来てしまうのは紫外線が関係しています。ほくろの主な成分はメラニンであり、これが紫外線によって活性化してしまい、皮膚が突然変異を起こして発生します。皮膚科などで除去を行なう場合、レーザー治療をすることがありますが、これはレーザーによってメラニン色素を取り除くという治療になります。紫外線を防ぐことで、ほくろが増えたり病気のもとになったりしないので、気になっている人はちゃんと紫外線対策を行ないましょう。また、中には遺伝子によって先天的に発生するほくろもあります。この場合、思春期までに発生すると言われています。紫外線と遺伝、どちらに関しても刺激を受けてしまうと、病気の元になる場合があるので、異変を感じたら病院や美容外科クリニックなどで治療を受けると良いですよ。

ほくろが発生する原因について分かりましたが、除去する方法についても触れてみましょう。ほくろが小さければ自分で除去することも可能ですが、民間療法となっており、全て自己責任です。方法を間違えてしまうと、ほくろ以外のところにも余計なダメージを与えてしまうことがあるので、注意点をしっかりと守ってくれぐれも慎重に行なうようにしましょう。一方で、美容外科クリニックなどで除去する場合は、色々な選択肢があります。レーザー治療から切開法、電気メスなどの施術法があって、自分のほくろの状態によって選ぶことが出来ます。また、医師に施術をしてもらうので、基本的に安全面に関しては大丈夫でしょう。除去方法は色々ありますが、除去したあとの状態について気になる人も多いです。自分で除去する方法はいつでもできる、費用がかなり安く抑えられる点がありますが、危険も隣り合わせということも忘れないようにしましょう。なお、どうしても取りたいほくろがある場合は一度、美容外科クリニックなど信頼できる専門家に相談することをおすすめします。

ほくろの予防法

女の人

ほくろを除去する前に増えたり大きくなったりする原因をしっかりと把握してちゃんと予防を行なうことが大事です。予防法としては、紫外線対策をして規則正しい生活を過ごしましょう。

Read

赤いほくろの正体

ドクター

黒いほくろではなくて赤いほくろが出来てしまうことがあります。これは老人性血管腫と呼ばれ、通常のほくろとは種類が違います。予防法や除去する方法もちゃんとあるので、チェックしてみると良いですよ。

Read

除去に関して

カウンセリング

ほくろは昔まではメスを使用した除去が普通でしたが、近年はレーザーでの除去が一般的になります。レーザーは色々なメリットもあり、安心して施術を受けることが出来ますよ。レーザー除去に関する内容について確認してみましょう。

Read